寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

安楽寺

■場所

徳島県板野郡上板町引野字寺ノ西北

■札所

四国八十八ヶ所霊場 第6番

■由緒

811年、弘法大師がこの地を訪れ『引野が薬師如来と深い因縁で結ばれている』と直感し、難病で苦しんでいる人の為に温泉の功徳を説き、 山号を『温泉山』とし、第6番札所に定めたらしい。 1582年、長宗我部元親の兵火に遭い焼失したが、1598年、瑞運寺と合併して現在地に移転したらしい。 安土桃山時代、徳島藩主・蜂須賀家正が駅路寺として定めたらしい。 駅路寺とは、遍路や旅人に、宿や食事を提供して保護する為に藩が指定した寺院のことらしい。 そんなこんなで、安楽寺は四国八十八ヶ所霊場の中で唯一の駅路寺らしい。

■参拝日

2009年10月10日

■日記

第5番礼所から車で30分、第6番礼所・安楽寺にやって参りました! 立派で近代的な竜宮造りの仁王門。立派で近代的な本堂。立派で近代的な多宝塔。 第5番礼所・地蔵寺が古い建物だっただけに、近代化された安楽寺がやたらと都会に思えました! ってか、竜宮造りの仁王門って何気に珍すぃ!

■公式ホームページ

四国霊場六番札所 温泉山 安楽寺 公式ホームページ >>

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



6バーン!
到着!

■仁王門■


竜宮門の両脇に
増築された建物内に
仁王さんが安置されてました

■仁王門■


仁王さん 吽形

■仁王門■


仁王さん 阿形

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■仁王門■


仁王門をくぐると

■手水舎■


手水舎の後ろは
立派な宿坊

■本堂■


『本尊☆薬師如来の真言』
おんころころせんだり
まとうぎそわ

■大師堂■


1661年再建
南無大師遍照金剛

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■観音堂■


本堂の隣りに建ってます

■安楽橋■


多宝塔前にある超短い橋

■多宝塔■


1993年建立

■方丈■


江戸時代後期建立
上段の間は藩主の座所に
なったお部屋らしい

日記の画像

■石仏■


ステキです