寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

大興寺

■場所

香川県三豊市山本町辻字小松尾

■札所

四国八十八ヶ所霊場 第67番

■由緒

742年、東大寺の末寺として建立したお寺らしい。 その後、火災に遭ったが、822年に嵯峨天皇の勅願により、弘法大師が熊野権現鎮護の霊場として再興したらしい。 お寺は真言宗と天台宗の2大宗派によって管理され、最盛期には七堂伽藍、真言宗24坊、天台宗12坊の僧坊が並ぶ大寺院だったらしい。 1573~1592年、長宗我部元親軍の兵火に遭い、本堂を残して焼失したらしい。 1596~1615年、再建されたらしい。

■参拝日

2011年5月29日

■日記

それにしても前日宿泊したホテルは素敵でした。 ホテル側の不手際不手際の連続で3回もルームチェンジさせられたという! 一晩で3つの部屋を渡り歩きました。それはまるでホテル内を巡礼しているようでした! そんな事より、本日も朝から雨。ウワサによると台風っ!まだ5月なのに台風がきやがった!!!もう珍道中ですよっ!楽し過ぎっ! 昨日は梅雨入りを楽しんで、今日は台風を楽しむ。最高じゃないですか、旅冥利につきます!神様仏様、笑える旅をありがとう! そんなこんなで、第67番礼所・大興寺にやって参りました! 運慶作の仁王像があるというウワサを聞いていたので、メッチャクソ楽しみにしてました! だがしかし、運慶作の仁王像の前に立った瞬間、あまりの迫力の無さにちょっぴり拍子抜けしちゃいました! これは本当に運慶作なのか!?こんなにもチカラ弱いチカラこぶ。頭部は江戸時代に補修されたものらしいです。 きっと頭部以外も補修されたんだろう・・・そう信じたい。

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



67バーン!

■仁王門■


真言宗のお寺です

■仁王門■


■仁王門■


天井

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■仁王門■


仁王さん 吽形
鎌倉時代作

■仁王門■


仁王さん 吽形
運慶作

■仁王門■


仁王さん 阿形
像高3m14cmで四国最大級

■仁王門■


仁王さん 阿形
力弱いチカラこぶ
本当に運慶作なのか

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■仁王門■


仁王門をくぐって

■参道■


石階段を上ると

弘法大師お手植えの楠


デッカいです

弘法大師お手植えのカヤ


デッカいです

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■手水舎■


■本堂■


『本尊☆薬師如来の真言』
おん ころころ
せんだりまとうぎ そわか

■本堂■


七日燈明と呼ばれる秘法

■本堂■


古そうなお地蔵さん

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■大師堂■


南無大師遍照金剛

■天台大師堂■


真言宗と天台宗が
混在する珍すぃお寺

■びんずるさん■


真っ赤

■境内の風景■


5月なのに
台風が来てます!

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■三鈷の松■


葉が3つに分かれてるという

■三鈷の松■


落ちた松葉を
ご自由に持って帰れます

■三鈷の松■


って事で、頂戴しました
持ち帰ると縁起が良いらしい

■境内からの景色■


仁王門より境外を望む