寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

大日寺

■場所

徳島県徳島市一宮町西丁

■札所

四国八十八ヶ所霊場 第13番/四国三十三観音霊場 第5番

■由緒

815年、弘法大師がこの地を訪れた際、境内の北側にある大師ヶ森で修行中に大日如来の姿が現れ 『この地は霊地なり一宇を建立せよ』と告げられたらしい。 そこで弘法大師は、大日如来を刻み本尊とし、堂宇を建立し、第13番札所に定めたらしい。 1573~1592年、長宗我部元親の兵火に遭い焼失したが、徳島藩3代藩主・蜂須賀光隆によって再建されたらしい。 江戸時代、阿波一宮神社の別当寺となったが、明治時代の神仏分離令によって別当寺を解かれたらしい。

■参拝日

2009年11月21日

■日記

第12番礼所から車で約30分、第13番礼所・大日寺にやって参りました! 第1番~第12番までのお寺は、比較的新しい建物のお寺が多かったのですが、この大日寺の建物はリアルに古かったので、 古ぼけた瓦を見た時はチョッピリ萌えました! そんな事より、第4番札所にも大日寺という名のお寺があり、この第13番札所も大日寺。 同じ県に2つも同じ寺名があるのはチョッピリややこしい。 第4番札所の大日寺の本尊は大日如来。 第13番札所の大日寺の本尊は十一面観音。 もし両方とも本尊が大日如来だったなら、チョッピリややこしい。 そんな事を思いつつ、次の札所に向けて車を走らせました。

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



13バーン!
到着!

■山門■


真言宗のお寺です

■手水舎■


■鐘楼■


大師堂の裏にあり
非常にわかり難い場所にありました

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■本堂■


『本尊☆十一面観世音菩薩の真言』
おんまかきゃろにきゃそわか

■本堂■


立派な彫刻でした

■本堂■


古い瓦に萌えました

■大師堂■


南無大師遍照金剛

日記の画像 日記の画像

■しあわせ観音■


合掌した手の中に
観音様がおられます

■しあわせ観音■


手の甲はゴッツいけど
綺麗な指先