寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

岩屋巨石

■場所

広島県尾道市向東町

■由緒

はるか昔に人が造形したと考えられる岩らしい。それは人造の痕跡があちこちに見られることから推測され、 その造形は太陽信仰に基づいた太陽の周期とリンクしたものとなっており、古代人の暦の知識が込められていると考えられているらしい。

■参拝日

2013年2月2日

■日記

しまなみ海道を走っていると、いつも気になる山があります。それは、岩屋巨石と書かれた幟旗がズラ~と並んだ坂道。 いつか行ってみたいと思ってたんだけど、今まで向島に立ち寄る事がなかったので、しまなみ海道から指をくわえて、その幟旗を眺めるだけでした。 しかし、本日は気まぐれ旅の結果、向島に来てるので、気になっていたあそこに行くチャンス到来! ってか、今日行かんとウソでしょ!って事で、あそこに向かってGO!しかし、幟旗がズラ~と並ぶあそこへ行くのに手こずりまくりました! 目の前にあの幟旗が見えるのに、なかなかあそこに到着できず。ナビに頼っても『目的地付近に到着しました』と放り投げられる。 わかっとる、目的地付近にいる事はわかっとる、最初から目的地付近にいたんだから! いっそどこかの100円Pに停めて徒歩で行きたいと思うも、近くに100円Pはないっぽい。近づいては遠のく、あの幟旗! そして、やっとの事で、あの幟旗に続く道の入口を発見!あの幟旗に続く道の入口は、なかなかの目立たなさを誇ってます! そんなこんなで、入口探しにアワアワしましたが、何とか幟旗がズラ~と並ぶあそこに到着!坂道をちょっと登ると、5分くらいの登山が始まります。 そして岩屋巨石に到着!それにしても、感動するほどの巨石群でした! 幟旗の坂道にある看板に、古代ミステリーがどうのこうのって書いてありましたが、この巨石群を一言でいうと、古代っ(そのまんまっ)! 何だかとても神秘的で、なんちゃってオーパーツ的で! そんな巨石群の中に、ポツンと建つ薬師堂、そして巨石を積み重ねて造られた石堂、磨崖仏、巨石に彫られた不動明王さん。 ここはお寺じゃないから、お寺巡りのカテゴリーにエントリーするのはいかがなものかと自分に問う…いいんだよっ!即答で答えが出る、ザ☆適当! そんなこんなで、臼杵石仏に続く例外エントリー!ちなみに岩屋巨石から、ほぼ獣道みたいな山道を数分歩くと大元神社があります。

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



標高102メートルの岩屋山の
山頂付近に巨石が見えます



相当デカいです!



いつか
転がり落ちるんじゃないかと
心配しつつ



到着!

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■スタート地点■


古代ミステリーゾーン
岩屋巨石と書かれた幟旗

■スタート地点■


岩屋山ミステリーツアーの
スタート地点

■スタート地点■


スタート地点には
杖が用意されてます

■スタート地点■


こんな所にも杖

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



案内地図によると
8ヶ所の見所がある模様



そんなこんなで登山開始

■鳥居■


鳥居をくぐって



2~3分ほど上ると

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■岩屋巨石正面■


到着!

■岩屋巨石正面■


デカい、感動!

■岩屋巨石正面■


とても人が造ったとは
思えないデカさ!
どうやって積み上げたんだ?

■岩屋巨石正面■


内部

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■岩屋巨石正面■


薬師如来さんが
安置されてました

■岩屋巨石正面■


稲光りが彫られてます
大地に落ちる稲光りを
表現していると
考えられているらしい

■岩屋巨石正面■


この横線も稲光りらしい
雷は天と地をつなぐものであり
神様を表しているらしい

■岩屋巨石正面■


梵字も彫られてます

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■岩屋巨石正面■


磨崖仏

■岩屋巨石正面■


扉らしき跡を発見
過去には扉があったんでしょう

■岩屋巨石正面■


岩屋巨石正面前からの景色
しまなみ海道を望めます

■岩屋巨石正面■


そうだっ!
先日、機種変した
i-phone5の出番だ!

日記の画像

■岩屋巨石正面■


i-phone5にて撮影!スゲ~このカメラ!
もう写真をつなぎ合わせた強引なパノラマ写真とはオサラバじゃ!

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■岩屋巨石割れ目■


夏至の朝日が
この割れ目から昇り
冬至の夕日が
この割れ目に沈むらしい

■岩屋巨石割れ目■


これが古代人の
暦の知識という事か!
なんかスゲー

■岩屋巨石割れ目■


大きな不動明王さんが
彫られてます

■岩屋巨石割れ目■


とても神秘的な岩でした

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■薬師堂■


山頂にポツンと建ってます

■薬師堂■


■その他の巨石■


山には巨石が点在してます

千光寺山パノラマビュー


尾道水道&尾道(本土側)を
望む事ができます

日記の画像

■薬師堂&割れ目&しまなみ海道■


再び、i-phone5の出番!やっぱスゲーこのカメラ!クセになりそう!

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



この先に
大元神社があるらしい



って事で、平坦な山道を進む



本当にこの先にあるのか?
ちょっぴり
不安にさせられる獣道でした



獣道を抜けて竹林の道を歩くと

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■大元神社 鳥居■


到着!

■手水舎■


■狛犬①■


■狛犬②■


日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■拝殿■


■拝殿■


彫刻

■本殿■


■社務所■


いかにもご朱印が
ありそうな建物ですが
ご朱印はやってない
とのことです

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■最上稲荷社■


鳥居の広がりがスゲー

■境内社■


岩の上に建ってます

■境内社■


岩の上に建ってます



こちらの巨石にも字があります
これは落書きかも

日記の画像

■尾道水道&尾道市内■


再び股旅、i-phone5の出番!
めちゃくそ絶景でした!
本土を望むかたちで尾道水道を見たのは初めてでした!感動!

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

尾道三山パノラマビュー


尾道三山の
浄土寺・西国寺・千光寺を
はじめとする多くの寺社が
この山に向かって建ってます

尾道三山パノラマビュー


千光寺を望む
岩屋山とこの3つの古寺は
仏教が伝来してから
神仏習合を行ったのではないかと
考えられているらしい

尾道三山パノラマビュー


西国寺を望む
3つの古寺と
岩屋山との関係性はいかに!
これぞミステリー
大きな謎のようです

尾道三山パノラマビュー


浄土寺を望む
手前の枝にピントが合ってもうてる!

日記の画像 日記の画像

尾道三山パノラマビュー


天寧寺を望む

尾道三山パノラマビュー


尾道城を望む
天守を模した展望台
歴史的な価値は無い

日記の画像 日記の画像 日記の画像



本土側から向島を望む



本土側からだと
巨石感を感じない山でした



先ほど尾道三山パノラマビューを
撮影したポイント