寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

十楽寺

■場所

徳島県阿波市土成町高尾法教田

■札所

四国八十八ヶ所霊場 第7番

■由緒

806~810年、弘法大師が開基したお寺らしい。 人間の持つ8つの苦しみ(飢、渇、寒、暑、水、火、力、兵)から逃れ、極楽浄土の十の光明に輝く楽しみが得られるように、 寺名を光明山十楽寺とし、第7番札所に定めたらしい。 創建当時は、現在地から北に3キロほど離れた十楽寺谷の堂ヶ原にお寺があったらしい。 最盛期には、七堂伽藍を有する大寺院だったらしい。 1582年、長宗我部元親の兵火に遭い焼失したらしい。 1635年、現在地に移転し、再建されたらしい。 寺宝として、真田幸村の茶釜があるらしい。

■参拝日

2009年10月10日

■日記

第6番礼所から車で約5分、第7番礼所・十楽寺にやって参りました! 第6番礼所に続き、竜宮造りの鐘楼門2連発です! しかもこのお寺、中門まで竜宮造りだという。 そんなこんなで、竜宮造り3連発です! 第6番礼所も近代的なお寺だったのですが、この第7番礼所はさらに近代的。 第6番礼所が都会なら、第7番礼所は大都会です! ぁ~あ~果てしない~♪ まさにクリスタルキングです。 果てしない旅はまだまだ続きます!

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



7バーン!
到着!

■山門■


竜宮造りの鐘楼門
コンクリ製で近代的な門でした

■山門■


山門をくぐると

■中門■


これまた竜宮門!

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■手水舎■


滝のように水が落ちてくる
手水鉢でした

■手水舎■


お子様達が
大ハシャギしてました

■本堂■


『本尊☆阿弥陀の真言』
おんあみりた
ていせいからうん

■大師堂■


南無大師遍照金剛