寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

十輪院

■場所

広島県府中市鵜飼町

■札所

瀬戸内三十三観音霊場 第31番

■由緒

1345年に開基したお寺らしい。

■参拝日

2012年11月17日

■日記

今週も広島県福山市にて、母の入院見舞い&鍼治療&お寺巡りの一石三鳥をしてきました! そんなこんなで、十輪院に到着!境内入口付近は道が狭く、そして超急勾配ヘアピンカーブがあるので車でお越しの方は要注意です。 境内には珀明洞という洞窟がありました。この洞窟は先代の住職さんが自力で掘ったという!スゲー! 洞窟内はミニ霊場になっており、地下には写経場があるという! 何だかとても楽しそうだったので、250円を払って、卒塔婆&33枚のお札を受け取り、いざ洞窟へ! そんなこんなで、1体1体の石仏の前にお札を置きながら奥へ進み、中間地点にある水掛け地蔵さんに先祖供養の為の卒塔婆を置き、さらに奥へ。 すると、BAR…いやスナック…いや純喫茶……ままままさかのこここれが写経場!!! 探偵ナイトスクープでいうパラダイス状態でした!もうねぇ、BARカウンターを発見した瞬間に、テンションが天を突き破ってしまいました! 写経場がBARカウンターだなんて、498寺目の参拝にして初めてですよ!日本全国にはまだまだパラダイス的寺社が潜んでるに違いない。 そんなこんなで、BARカウンターに座り、写経開始!写経と言っても、あらかじめ印刷してある般若心経の文字の上をボールペンでなぞるだけなんですけどね。 でもそれでも結構な時間がかかりました!そんなこんなで、無事に写経が終わり、残りのミニ霊場を済ませて出口へ。 ちなみに、洞窟内はコウモリが自由に羽ばたいてます!ちょいと怖かったです。 飛んでいるコウモリにぶつからないように常に中腰で歩いてたら、腰が痛い痛いになりました。なにぶん、腰弱なもんで。

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■鐘楼■


到着!

■本堂■


真言宗のお寺です

■観音堂■


瀬戸内三十三観音霊場
第31番札所

■本堂&観音堂■


日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■日限地蔵堂■


日限地蔵とは
日を限って祈願すると
願いが叶えられると
いわれるお地蔵さん

■何かのお堂■


■何かのお堂■


堂内の仏像さん

■境内からの景色■


府中市内を望む

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■珀明洞■


入洞料250円を支払うと

■珀明洞■


33枚のお札&卒塔婆&
印刷された般若心経
を頂けます

■珀明洞■


そんなこんなで
33枚のお札に
名前と住所を書き

■珀明洞■


いざ入洞!

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■珀明洞■


入口は回転戸になってます

■珀明洞■


洞内は33観音霊場

■珀明洞■


石仏さんに手を合わせ

■珀明洞■


箱にお札を納めていきます

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■珀明洞■


先代の住職さんが
16年の歳月をかけて
1970年に完成させた洞窟

■珀明洞■


全長約100mの洞窟
1人で掘ったらしい!
スゲーっす!

■珀明洞■


途中に
水掛け地蔵さんがいます

■珀明洞■


水掛け地蔵さんの前に
卒塔婆を置き
さらに奥へ

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■珀明洞■


すると
小部屋に辿り着きます

■珀明洞■


純喫茶か・・・と思われたが
まままさかの、写経場!

■珀明洞■


BARカウンターあり

■珀明洞■


昭和スタイルの照明あり

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■珀明洞■


そんなこんなで
BARカウンターで
写経開始!

■珀明洞■


あらかじめ印刷してある
般若心経の文字の上を
ボールペンでなぞるスタイル

■珀明洞■


写経が終わると
仏頭の前に写経を納めます

■珀明洞■


BARカウンターで一休み
ってか、メチャ落ち着く空間!

日記の画像 日記の画像

■珀明洞■


出口です!
何か知らんけど楽しかった~!

■頂き物■


オリジナルお菓子を
頂きました!
その節はどうも
ありがとうございました!