寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

鶴林寺

■場所

徳島県勝浦郡勝浦町生名鷲ヶ尾

■札所

四国八十八ヶ所霊場 第20番

■由緒

798年、桓武天皇の勅願により弘法大師が創建したお寺らしい。 弘法大師が鶴ノ嶽で修行中、雌雄の白鳥が黄金の地蔵尊を守りながら老杉に舞い降りるのを見たらしい。 それを見た弘法大師は地蔵尊を刻み、胎内に黄金の地蔵尊を納め本尊とし、堂宇を建立して鶴林寺と名付けたらしい。 平城天皇、嵯峨天皇、淳和天皇など歴代天皇の帰依が篤かったらしい。 また、源頼朝、源義経、蜂須賀家政などの武将にも深く信仰され、七堂伽藍の修築や寺領の寄進を受けるなど大きく栄えたらしい。

■参拝日

2009年11月22日

■日記

第2回 四国巡礼の旅2日目は、第20番礼所・鶴林寺からスタートです! 昨日の朝一同様、本日も難所といわれる山道運転からのスタートです! ってか、マジで恐怖を感じるくらい凄まじい急勾配の山道でした!ギアをセカンドに入れて、陰毛のごとくウネリまくるグネグネ道を登ること約20分。 神経をスリ減らし、手に汗にぎる運転でございました!ってか、マイカーの命が気になるこの頃! そんなこんなで、昨日同様、駐車場に着いた時にはグッタリでした!しかし、ダイナミックな彫刻の三重塔や心優しい住職さんに触れた事により、 元気が5000ボルト復活っ! 参拝後、駐車場に戻ったら、若い女性の歩き遍路さんに出会いました。こんな山道&標高を歩いて登るだなんて、歩き遍路さんのファイトっぷりに感動&感動! 疲弊しながら歩いて巡礼してる方々の横を車で通り過ぎるのは少々心苦しい気もしますが、次の札所に向けて車を走らせました。

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



20バーン!
到着!

■仁王門■


ものすごい奥に仁王さんがいた為
写真はおろか肉眼で拝見する事も
困難でした

■仁王門■


仁王さんの前には
鶴が安置されてます

■仁王門■


ちなみに仁王さんは
運慶作らしい
ぬぅぅ・・・見たかった

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■本堂■


『本尊☆地蔵菩薩の真言』
おんかかかびさんまえいそわか

■本堂■


本堂前にも鶴さんがいます

■本堂■


羽がカラアゲのブツブツ
みたいでちょっと苦手

■本堂■


本堂の横には三重塔が建ってます

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■大師堂■


南無大師遍照金剛

■大師堂■


鶴の彫刻

■護摩堂■


■鐘楼■


へちゃげ気味

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■三重塔■


1823年建立

■三重塔■


徳島県唯一の三重塔

■三重塔■


ドラゴンの彫刻

■三重塔■


ドラゴンに乗った少年

日記の画像

■境内からの風景■


標高約550mのお寺です