寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

観音院

■場所

山口県萩市大字山田

■札所

中国三十三観音霊場 第21番

■由緒

1558年、毛利元就の菩提寺である洞春寺の役僧寺として開山したのが始まりらしい。 その後、毛利輝元が関ヶ原の合戦で敗れ、防長二州に封じ込まれ、居城を広島から萩に移った際、洞春寺の役僧寺である観音院も萩に移ったらしい。 その後、2度の火災に遭ったが、1852年に再建したらしい。 江戸時代末期、幕末の志士達が会合所として頻繁に利用し激論を交わしたお寺らしい。

■参拝日

2009年3月20日

■日記

本日はお彼岸という事で参拝者が多く、駐車場が満車という手痛い洗礼を受けた朝でした! 駐車する場所もなく、土地勘もなく。そんな感じで車中で頭を抱えていたら、町のお婆ちゃんが秘密の駐車場を教えてくれました! そんなこんなで、何とか観音院に到着!しかし、お彼岸という事で、ご住職さんも大忙しみたいで。 ご朱印をお願いするのが少々気まずい状況ではありましたが、無事ご朱印を頂きました! その節は、貴重な時間を割いて頂きましてありがとうございました! 境内からは日本海が一望でき、久しぶりに見る日本海の力強さに男気を感じた朝でした!

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■橋本川と観音院■


対岸から観音院を望む

■参道■


到着!
石階段の先には観音堂

■参道■


観音堂に行く前に
まずは本堂へ

■本堂■


臨済宗のお寺です

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■観音堂■


古くより玉江観音と呼ばれ
海の守り観音として
崇められていたらしい

■観音堂■


屋根のデッカい穴に萌えた

■土塀■


崩れた壁に萌えた

■境内からの風景■


萩城跡(指月山)を
望むことができます

日記の画像

■境内からの風景■


日本海も望めます
荒波に男気を感じました