寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

清瀧寺

■場所

高知県土佐市高岡町丁

■札所

四国八十八ヶ所霊場 第35番

■由緒

723年、行基がこの地で霊気を感得し、薬師如来を刻み開基したお寺らしい。 創建当時は、影山密院・繹木寺という寺名だったらしい。 810~823年、弘法大師がこの地を訪れ、本堂から300メートルほど離れた岩上に壇を築き、一七日の修法を行ったらしい。 そして、満願の日に金剛杖で壇を突くと、清水が瀧のように湧き出て、鏡のような池ができたらしい。 そこで、鏡池院・清瀧寺と改め、第35番札所に定めたらしい。 江戸時代、土佐藩主・山内氏の帰依が厚く、寺領数百石の寄進を受けたらしい。 最盛期には、七堂伽藍と、末寺10数ヶ寺を持つ大寺院だったらしい。

■参拝日

2010年4月10日

■日記

第34番礼所から車で約20分、第35番礼所・清瀧寺にやって参りました! もはや四国巡礼恒例となっている、とんでもない細山道を登ってきました。 以前の私なら、汗ビッショリになりながら運転していたのですが、いい加減慣れてきました! ここまで頻繁に細山道に出くわすと、知らず知らずの間に細山道攻略法が身についたみたいです! これでまた1つ、苦手な事が克服できました。ありがとう四国! と思ったのも束の間、下山中に超細山道ヘアピンカーブ(ガードレールなし)で対向車と出くわしてしまい、生きた心地がしませんでした! やはり山道の運転は苦手じゃ。 そんな事より、天井画がある仁王門が素敵なお寺でした! そして境内には大きな薬師如来さんが立っており、その足元には暗黒の世界の入口がありました。 そんなこんなで、暗黒の世界へ突入! 全く光がない暗黒の世界は、グネグネとローリングした細道で、そぉ~っと歩かないと壁に激突して怪我するぜ。 落し物をした日にゃ、えらいこっちゃやで。

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



35バーン!
到着!

■仁王門■


1900年建立

■仁王門■


仁王さん 吽形

■仁王門■


仁王さん 阿形

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■仁王門■


仁王さんの指が棒でした

■仁王門■


八方睨み龍の天井画

■仁王門■


久保南窓の筆

■仁王門■


仁王門をくぐると

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■参道■


石階段が波打ってました

■本堂■


『本尊☆薬師如来の真言』
おんころころせんだり
まとうぎそわか

■本堂■


彫刻が凄かったです!

■本堂■


天女の彫刻

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■大師堂■


南無大師遍照金剛

■大師堂■


素敵です

■大師堂■


素敵過ぎます

■本堂と大師堂■


左 → 大師堂
中 → 薬師如来さん
右 → 本堂

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■厄除薬師如来■


台座に暗黒の世界の
入口があります

■厄除薬師如来■


入口です
よし行くぞ!

■厄除薬師如来■


笠をかぶってると
入れないくらい
狭い道でした

■琴平神社■


1831年建立

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■方丈■


方丈に鐘楼がありました

■方丈■


素敵なお庭もありました

■方丈■


オリジナル瓦
屋根瓦には清

■方丈■


方丈の門より望む

日記の画像 日記の画像

■境内の時計■


表が8時44分で

■境内の時計■


裏が4時52分