寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

龍光寺

■場所

愛媛県宇和島市三間町戸雁

■札所

四国八十八ヶ所霊場 第41番/南予七福神霊場 第3番(恵美寿)

■由緒

807年、弘法大師がこの地を訪れた際、稲を背負った老人が現れ『我この地に住み、法経を守り、人々を救わん』と言って姿を消したらしい。 弘法大師はこの老人こそ五穀大明神の化身であると感得し、お堂を建て稲荷大明神を祀ったらしい。 その際、十一面観世音、不動明王、毘沙門天も一緒に安置し、稲荷山・龍光寺と号し、四国霊場・総鎮守のお寺として開創したらしい。 地元では、三間のお稲荷さんの愛称で親しまれているらしい。

■参拝日

2010年5月1日

■日記

第40番礼所から車で約1時間、第41番礼所・龍光寺にやって参りました! 龍光寺付近には5台ほど駐車できる駐車場があったのですが、もちろん満車でした。 そんなこんなで、駐車場に停めれなかった車がたくさん路上駐車している状態。 私も路上駐車しようと思ったのですが、大師さんの前で路上駐車などできぬ! って事で、駐車場が空くのを待つ事にしました。 すると1人のオジさんが『細い道を上がったら広い駐車場があるよ』と優しいアドバイスをしてくれました! そんなこんなで、冷や汗&脇汗&ケツ汗をかきながら歩道のような坂道を登ると広い駐車場に到着! あの時のオジサンありがとうございました! もしかしたら、あのオジさんは大師さんだったのかも知れない! 境内には山門がなく、階段を上るといきなり本堂が現れるというタイプのお寺でした。 そして、境内にはたくさんの参拝者がおられ、とても活気のあるお寺でした!

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



41バーン!
到着!

■狛犬①■


創建当時は神仏習合の
お寺だったらしい

■狛犬②■


そんなこんなで狛犬は
神仏習合の名残りです

■手水舎■


日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■鐘楼■


ゴーン

■本堂■


『本尊☆十一面観音の真言』
おん まか きゃろにきゃ そわか

■本堂■


龍の目玉が
祀られてるらしい

■大師堂■


南無大師遍照金剛

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■稲荷社■


旧本堂らしい

■十三重塔■


■境内からの景色■


のどかな町でした

■境内の風景■


何だか四国っぽくて素敵!
って事で仏木寺へGO!