寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

焼山寺

■場所

徳島県名西郡神山町下分地中

■札所

四国八十八ヶ所霊場 第12番

■由緒

701~704年、役小角が開基したお寺らしい。この山には神通力を持った毒蛇が住んでおり、火を噴き山を焼いて村人を苦しめていたらしい。 815年頃、弘法大師がこの地を訪れた時、水輪の印を結び、襲いかかる毒蛇を虚空蔵菩薩の加護を得て岩窟に封じ込めたらしい。 そして三面大黒天を祀り、虚空菩薩像を安置し、火の山にちなみ焼山寺と名付けたらしい。 昔から修験道の修行の地で、室町時代には足利尊氏の祈願所となり、江戸時代には徳島藩主・蜂須賀氏の信仰が厚く繁栄したらしい。

■参拝日

2009年11月21日

■日記

本日、約1ヶ月半ぶりに四国霊場88ヶ所巡礼を再開しました! 超早朝、標高約800メートルに位置する焼山寺に向けて車を走らせました! 第11番の藤井寺からこの焼山寺までの山道は、通称・遍路転がしと言われるほど険しい道のりなのですが、 実際車で走ってみると遍路転がしと異名をとるのも超納得っっっ!メッチャクチャ急勾配の山道だった為、マイカーが悲鳴を上げてました! しかもガードレールなしの超危険な細山道だったので、私も悲鳴を上げてました! 私は所詮、車遍路だから、アクセルを踏んでおけば目的地に到着できるのですが、歩き遍路の方は相当厳しい登山になると思われます。 そんなこんなで、駐車場に到着した時はグッタリ状態でした。しかし参道から朝焼け&幽玄な景色を見た瞬間に体力が8ポイントUPしました! 参拝後、駐車場に戻ったらデッカイ4WDの車が止まってました。山を登る時、この車とスレ違わなくてよかったと安心した次第です。 話は変わって、4WD(よん・ダブル・ディ~)は、なぜ4だけ日本語読みなのか。 今日からはフォー・ダブル・ディ~と読む事にしよう・・・そんな事を思いつつ。

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



12バーン!
到着!

■参道■


標高約800m

■参道■


とりあえずメッチャ寒かった!

■参道■


山の奥に山があって
さらに奥に山があって
朝焼けがキレイで
メッチャ幽玄な景色でした!

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■参道■


仁王門へ続く石階段

■仁王門■


真言宗のお寺です

■仁王門■


仁王さん 吽形

■仁王門■


仁王さん 阿形

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■仁王門■


仁王門をくぐると

■参道■


巨大な杉が立ち並んでます

■手水舎■


棟瓦の両端から
シャキーンと飛び出す瓦
カッコいい

■鐘楼■


鐘楼も
シャキーンと飛び出してる

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■本堂■


『本尊☆虚空蔵菩薩の真言』
のうぼうあきゃしゃきゃらばや
おんありきゃまりぼりそわか

■大師堂■


南無大師遍照金剛

■三国大黒天堂■


大黒天さん、毘沙門天さん
弁財天さんが
安置されてるらしい

■大黒天堂と本堂と大師堂■


大黒天堂と本堂と大師堂は
横一列に並んでます

日記の画像

■境内の風景■


境内にはブランコがあります
標高800mのブランコ