寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

出釈迦寺

■場所

香川県善通寺市吉原町

■札所

四国八十八ヶ所霊場 第73番

■由緒

弘法大師が7歳の時、倭斬濃山(わしのやま)に登り『仏門に入って多く人と衆生を救いたいのです。私の願いが叶うなら釈迦如来様、お姿を現して下さい。 もし、願いが叶わないのなら私の命を仏に供養します』と願い、山の断崖から谷へと飛び降りたらしい。 すると、落下する弘法大師の前に釈迦如来と天女が現れて抱きとめ『一生成仏』と告げ、彼の願いが成就されたらしい。 感激した弘法大師は、釈迦如来が現われた山を我拝師山と名付け、その山に出釈迦寺を建立し、釈迦如来の尊像を刻んで本尊としたらしい。 約300年前までは山頂が札所だったが、1920年に麓に移されたらしい。

■参拝日

2011年6月4日

■日記

第72番礼所から車で約3分、第73番礼所・出釈迦寺にやって参りました! ジュースの自販機で1000円を崩してお賽銭用の小銭をつくろうと思っていたら、自販機の前にて托鉢をしているお方が立っておりました。 何だか気まずい。托鉢をしているお方の真横で財布から1000円札を取り出すのが、何だか気まずい。 ましてや、托鉢をしているお方の真横で自販機から出てくるお釣りの音を聞かれるのが、もっと気まずい。でもお金を崩さないと。 そんなこんなで、気まずさ満点のまま自販機の前に立つ・・・しかしっ故障中の貼り紙がっ!!! 財布片手に、自販機の前で立ちすくむ私。どうにもこうにも、気まずい。 そんな事より、出釈迦寺・奥の院には7才の弘法大師が身を投げた捨身ヶ嶽禅定という場所があるらしいです。 その奥の院は山頂にあるとの事なので、今回は行く事を断念しました。このいくじなしっ!

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



73バーン!

■境内入口■


到着!

■参道■


長い坂道を登ります

■弘法大師像■


参道途中におられます

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■山門■


真言宗のお寺です

■山門■


山門をくぐると

■手水舎■


■梵鐘■


鐘楼はなく梵鐘だけが
置かれてました

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■本堂■


『本尊☆釈迦如来の真言』
のうまく さんまんだ ぼだなん ばく

■本堂■


梁の彫刻に感動!

■本堂■


スゲっ!

■本堂■


木鼻

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■大師堂■


南無大師遍照金剛

■大師堂■


屋根瓦

■大師堂■


彫刻

■本堂と大師堂■


手前 → 本堂
奥 → 大師堂

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■捨身ヶ嶽遥拝所■


山頂に登らなくても
ここから拝めます

■捨身ヶ嶽■


7歳の弘法大師さんが
捨身を行ったイメージ画

■地蔵堂■


ピンクの壁に萌え

■石仏■


木の間に仏さんを発見

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■求聞持大師■


■子宝の三鈷松■


■奥の院■


山頂にあります
徒歩40分の
登山で行けるらしい

■駐車場からの景色■