寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

津照寺

■場所

高知県室戸市室津

■札所

四国八十八ヶ所霊場 第25番

■由緒

807年、弘法大師がこの地を訪れ、漁業と海上の安全を祈願して延命地蔵菩薩を刻んで本尊としたらしい。 そして、堂宇を建立し第25番札所に定めたらしい。 戦国時代、土佐を支配した長宗我部氏や、江戸時代の土佐藩主・山内氏が深く帰依したらしい。

■参拝日

2010年2月13日

■日記

第24番礼所から車で約20分、第25番礼所・津照寺にやって参りました! 津照寺に到着後、真っ先に目に映るのは、一風変わった形の門。 その一風変わった形の門には、仁王さんが安置されており、そして梵鐘もあるという。 って事で、仁王門でもあり、鐘楼門でもあるという。 そうなると、仁王門なのか鐘楼門なのか気になるところ。 って事で、調べてみた結果、門の名称は鐘楼門らしいです。 この津照寺は、山門、鐘楼門、本堂、どの建物も鉄骨コンクリート製の近代建築でした。 四国巡礼のお寺は、お遍路さんが多く、繁栄&繁盛しまくりです。 そのせいで、見るからにお金持ちのお寺が多く、コンクリートのお寺が多いです。 それはとても良い事なんですが、木造建築フェチの私にとっては残念なことだ。 ってか、建物の事はさておき、無心に般若心経を唱えるのだ! ちなみに、津照寺と書いて『しんしょうじ』と読みます。

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



25バーン!
到着!

■山門■


真言宗のお寺です

■山門■


山門をくぐって

■参道■


階段を上ると

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■鐘楼門■


見るからに
日本風じゃない

■鐘楼門■


仁王さん 吽形
銅製でした

■鐘楼門■


仁王さん 阿形
たまにこういう色の
10円玉に出合う

■鐘楼門■


2階には梵鐘があります
って事で、ゴーン

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■手水鉢■


■本堂■


『本尊☆延命地蔵菩薩の真言』
おんかかかび
さんまえいそわか

■大師堂■


南無大師遍照金剛

■境内からの景色■


鐘楼門からは
太平洋と漁港が望めます