寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

太龍寺

■場所

徳島県阿南市加茂町龍山

■札所

四国八十八ヶ所霊場 第21番/阿波秩父観音霊場 第10番

■由緒

798年、桓武天皇の勅願により弘法大師が開基したお寺らしい。 弘法大師は15歳と19歳の時、この地で修行したらしい。 皇室や武家からの信仰が篤く、平安時代後期には12の子院を持つなど、大いに繁栄したらしい。 1573~1592年、長宗我部元親の兵火に遭い焼失したらしい。 江戸時代、徳島藩主・蜂須賀氏によって再建されたらしい。 1894年、火災で焼失したが、その後再建されたらしい。 かつては、へんろころがしと呼ばれる難所の1つだったが、1992年にロープウェイが繋がり、現在は楽に参拝できるようになったらしい。

■参拝日

2009年11月22日

■日記

第20番礼所から車で約30分、第21番礼所・太龍寺にやって参りました! この太龍寺は、第12番・焼山寺、第20番・鶴林寺と共に『阿波の三難所』の1つらしいのですが、 今はロープウェイが繋がっており、楽チンに登頂できます! ってかこのロープウェイ、往復で2400円もするという高額ロープウェイ!でも歩いて登ると生きて帰れないような気がしたので、 そこは迷うことなく喜んでロープウェイへ! このロープウェイは2つの山を越えて行くという、日本最大のロープウェイで、しかも100人も搭乗できるというとてつもなく広いロープウェイ! そりゃ、2400円もするわい。 ロープウェイの中から見る幽玄かつ創玄かつ壮大な景色を見てると 2400円が安いとさえ思えてきました! そんなこんなで、太龍寺ロープウェイはオススメっす! しかも西の高野と呼ばれるだけあって、とても素敵な大寺院。お腹イッパイに楽しめたひと時でした。 日本全国を歩き周り、日本全国の険しい山を登りまくり・・・弘法大師さんはとてもタフでパワフルな人だったに違いない!

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



21バーン!

■ロープウェイ乗り場■


往復2400円です

■太龍寺ロープウェイ■


2つの山を越えていきます

■太龍寺ロープウェイ■


なんとロープウェイの床は
吹き抜けになっていて
結構なスリルを味わえます

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■境内入口■


そんなこんなで、到着!

■仁王門■


真言宗のお寺です

■仁王門■


仁王さん 吽形

■仁王門■


仁王さん 阿形

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■手水舎■


屋根が広い

■手水舎■


2頭の龍の口から
水が出てます

■手水舎■


ヨダレのごとく水が出てます

■鐘楼門■


門の下から鐘がつけます

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■参道■


本堂へ続く石階段には
デッカイ杉が立ってます

■本堂■


『本尊☆虚空蔵菩薩の真言』
のうぼうあきゃしゃきゃらばや
おんありきゃまりぼりそわか

■本堂■


1852年建立

■参道■


本堂より
ロープウェイ乗り場を望む

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■大師堂■


南無大師遍照金剛

■大師堂■


とても豪華なお堂でした

■大師堂■


彫刻がステキ

■大師堂■


チャイナっぽい彫刻でした

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■持仏堂■


■持仏堂■


廊下の天井には
竹村松嶺による龍の絵

■護摩堂■


興教大師作の不動明王さんが
安置されてるらしい

■六角経堂■


1856年建立

日記の画像 日記の画像 日記の画像

■多宝塔■


1861年建立

■石垣■


お城のような石垣に興奮

■境内の風景■


燃える紅葉に萌える