寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

大山寺

■場所

広島県尾道市長江

■由緒

804年に創建されたお寺らしい。 901年、菅原道真が無実の罪により京都から太宰府へ左遷される際、尾道に立ち寄ったらしい。 その時、住民から麦飯と醴酒などの接待を受けたらしい。これに感謝した菅原道真は、自らの着物の片袖を破り自身の姿を描いて与えたらしい。 その後、境内に社が建立され御袖天満宮と呼ばれるようになったらしい。そして大山寺は、御袖天満宮の別当寺となったらしい。

■参拝日

2009年2月15日

■日記

超ミニマムサイズのお寺でした!ミニマムな敷地内に本堂と鐘楼とお庭があって、 窮屈と言うか圧迫感と言うか何ちゅうか、狭い境内にギュッとお堂が詰め込まれていて、歩く歩数も少なく、サクッと参拝終了! 窮屈&圧迫&ミニマムのお寺だったせいか、境内から見る景色がやたらと広大に感じました! ちなみに大山寺と書いて『たいさんじ』と読むらしい。『だいせんじ』かと思ってました!

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■山門■


到着!

■鐘楼■


梅が綺麗でした

■本堂■


■お庭■