寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

立江寺

■場所

徳島県小松島市立江町若松

■札所

四国八十八ヶ所霊場 第19番

■由緒

729~748年、聖武天皇の勅願により行基が開基したお寺らしい。 創建当時は、清水奥谷山麓にあったらしい。 815年、弘法大師がこの地を訪れた際、本尊が小さいのを懸念され、地蔵菩薩を刻んで胎内に納めたらしい。 そして、寺名を立江寺とし、第19番札所に定めたらしい。 1573~1592年、長宗我部元親の兵火に遭い本尊を残して焼失したらしい。 江戸時代、徳島藩主・蜂須賀氏が現在地に再興したらしい。

■参拝日

2009年11月21日

■日記

第18番礼所から車で約25分、第19番礼所・立江寺にやって参りました! 参拝後、駐車場へ向けて歩いていたら、1人のお婆さんが話しかけてくれました。 お婆さんは巡礼中の私を見て『若いのにエライねぇ~』とホメてくれました。久々に人にホメられました! そんな事より、お寺巡りをするようになってイロイロな場所で『若いのにエライねぇ~』に似た言葉をかけてもらいます。 そういうお言葉をかけていただくと、本当にありがたいです!本当にありがたいのですが『若い人がお寺を巡る = エライ』という方程式の意味がイマイチわからず。 ってか、そんなに若くないという・・・今から何年後、今より歳をとった時に『若いのにエライね~』とホメられなくなる時が来るのかと思うと寂しい! そんなこんなで、第2回四国巡礼1日目の旅が終わりました。

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



19バーン!
到着!

■仁王門■


真言宗のお寺です

■仁王門■


仁王さん 吽形

■仁王門■


仁王さん 阿形

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■仁王門■


仁王門をくぐると

■手水舎■


手水舎の隣りには
お地蔵さん

■鐘楼■


ゴーン

■仁王門と多宝塔■


すっかり夕方

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■本堂■


『本尊☆延命地蔵菩薩の真言』
おんかかかびさんまえいそわか

■本堂■


デカイっ!
もしや、私が小さいのか?

■本堂■


堂内には
寿老人が座っております

■本堂■


厳しい顔をしたびんずるさんも
座っております

日記の画像 日記の画像 日記の画像

■大師堂■


南無大師遍照金剛

■多宝塔■


徳島県は多宝塔が多い

■黒髪堂■


女性の髪の毛が
安置されてました