寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

洞春寺

■場所

山口県山口市水の上町

■札所

中国三十三観音霊場 第16番

■由緒

1572年、安芸国・吉田郡山城内に、毛利元就の菩提寺として創建したのが始まりらしい。 1606年、萩に移封した毛利家に従って萩城内に移転したらしい。 1868年、現在地に移転したらしい。 晩年の毛利元就は、戦乱に果てた敵味方の兵士の霊を供養する為、法華経1000部を読経したらしい。 以来、この法要は欠かせず続けられているらしい。 この読経の方法は独特なもので、長州法華と呼ばれているらしい。

■参拝日

2009年3月21日

■日記

瑠璃光寺のほぼ隣りに位置してます、洞春寺に到着! 観光客で賑わい、優雅で華々しい瑠璃光寺とは対象的に、人の気配がなくシーンとした洞春寺。 この殺伐とした雰囲気が大好きで、そして心が落ち着きます。無音なのに心に響きます。 瑠璃光寺がガヤガヤしていた分、洞春寺の無音が心に優しかったです! 今回の旅で、毛利さんに関わるお寺をたくさん巡ってきたけれど、 どのお寺にも共通して言える事は、ザ★質素。 どこのお寺も質素なんだけど、質素を感じさせないくらいにデカイ本堂があったり、存在感バッチリの建物があったりでした。 質素なのに質素を感じさせないファンタジスタ。 毛利さんは質素な生活を好んでいたのかなぁって勝手に想像してみたり。 言葉少なに重い言葉を発するお寺、好きです洞春寺!

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



お坊ちゃん
こんにちは、郵便です

■山門■


到着!

■山門■


1404年建立 国重文

■参道■


参道を歩くと

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■中門■


中門に到着!

■中門と鐘楼門■


向かって右側には鐘楼門

■土塀と鐘楼門■


壁には毛利家の家紋

■中門■


中門をくぐると

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■本堂■


臨済宗のお寺です

■本堂■


江戸時代再建

■本堂■


毛利元就の菩提寺

■本堂■


堂内から境内を望む

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■観音堂■


1430年建立

■観音堂■


国重文

■庫裏■


古いニオイがステキでした

■庫裏■


庫裏から境内を望む