寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

臼杵石仏

■場所

大分県臼杵市深田

■札所

臼杵八ヶ所霊場 第1番

■由緒

石仏造営の時期や事情を証明する史料は一切残ってないらしい。 伝説では、真名野長者と呼ばれた豪族が我が子の死を悲しみ、中国から蓮城法師を呼んで磨崖仏群を造立したらしい。 仏像の様式などから大部分は平安時代後期に作られたものらしい。1部、鎌倉時代作のものもあるらしい。 その規模&数量&彫刻の質の高さは日本を代表する石仏群で、1995年、磨崖仏では全国初、彫刻では九州初の国宝に指定されたらしい。 60余体の石仏のうち59体が国宝に指定されているらしい。

■参拝日

2011年2月11日/2019年4月27日

■日記

2011年2月11日の日記
待ちに待った3連休が到来しました!って事で、久々に奈良旅に出ようと思ったのですが、天気予報を見てみると全国的に雨マーク。 って事で、あっけなく奈良旅を諦めることに。雨だし、この3連休は家でゴロゴロ・・・するわけがない。 どこかへ行きたい、どこでもいい。 って事で、雨マークがついてない県に行こう! そんなこんなで、唯一雨マークがない地方を発見!それは大分っ! 約10年前、原付で九州1周旅をした時に味わった臼杵石仏の感動をもう1度っ! って事で、国宝・臼杵石仏に会うために夜な夜な運転して大分県に上陸しました。 やっぱスゴいです、臼杵石仏。 約60体のうち59体が国宝だという!とにかく石仏の飛び出し方が尋常じゃない! AKB48ならぬ、SKB60っ!(せきぶつ60)。 そんなSKB60をくまなく観賞し、もれなく感動したひと時でした。 途中、国重文の五輪塔を拝見したのですが、五輪塔へ続く山道は不気味度満点でチョビっと怖かったです。

■公式ホームページ

国宝 臼杵石仏 公式ホームページ >>

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■臼杵石仏■


到着!

■臼杵石仏入口■


拝観料を払って

■石仏群へ続く道■


ドキドキワクワク

■石仏群へ続く道■


1分ほど歩くと
建物が見えてきた

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■阿弥陀三尊像■


平安時代後期頃作

■阿弥陀三尊像■


国宝

■阿弥陀三尊像■


中尊の阿弥陀如来坐像は
臼杵石仏の中でも
最も優れた石仏の
1つらしい

■阿弥陀三尊像■


勢至菩薩立像

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■九品の弥陀像■


平安時代末期頃作

■九品の弥陀像■


欠損が激しかったです

■九品の弥陀像■


ヒビがリアルでステキ

■九品の弥陀像■


不動明王像

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■如来三尊像■


丸や四角の穴は
願文や経巻を納める所らしい

■如来三尊像■


平安時代末期頃作

■如来三尊像■


釈迦如来坐像

■礎石■


鎌倉時代、磨崖仏を
覆っていた建物の礎石

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■地蔵十王像■


鎌倉時代作

■地蔵十王像■


彫って彫って彫りまくってる

■地蔵十王像■


色が残っています
感動!

■地蔵十王像■


十王像

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■ホキ石仏第一群 第一龕■


左から
伝・薬師如来坐像
伝・釈迦如来坐像
阿弥陀如来坐像

■ホキ石仏第一群 第一龕■


顔が崩れ落ちそう

■ホキ石仏第一群 第二龕■


修復中なのか
足場が組まれてました

■ホキ石仏第一群 第二龕■


足場の隙間から
阿弥陀如来坐像を拝見

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■山王山石仏■


ホキ石仏第一群から望む

■山王山石仏■


階段を上ると

■山王山石仏■


ドーン!

■山王山石仏■


左から
阿弥陀如来坐像
伝・釈迦如来坐像
伝・薬師如来坐像

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■山王山石仏■


平安時代後期作

■山王山石仏■


伝・釈迦如来坐像
優しいお顔です

■山王山石仏■


伝・薬師如来坐像

■山王山石仏■


阿弥陀如来坐像

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■古園石仏■


臼杵石仏群のメインです

■古園石仏■


ズラーーー!

■古園石仏■


結構、デカいです

■古園石仏■


あまりの素晴らしさに
見惚れてしまう

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■古園石仏■


大日如来坐像
平安時代後期作 国宝

■古園石仏■


日本の石仏の中でも
最高傑作の1つらしい

■古園石仏■


大日如来ポーズの
欠損が惜しまれる

■古園石仏■


各方面から限りない絶賛を
受けてるらしい

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■古園石仏■


参拝者によって自然にできた道が
大雨の時に川に変わり
石仏の下半身を削り取ったらしい

■古園石仏■


螺髪が
リアルでステキ

■古園石仏■


他の石仏に比べ
極端なまでに平面的に彫られた
多聞天立像

■古園石仏■


長い間、胴体の前に
落下した頭部が
安置されてたらしい

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■古園石仏■


リストラ除けにしようかな

■古園石仏■


とか言いながら
親の健康を祈願する

■石造五重塔■


1つの石で造ってます

■石造五輪塔へ続く道■


ちなみに国重文の石造五輪塔は
著作権により掲載不可らしい

日記の画像

■おみやげ屋さん■


おみやげ屋さんの前に
石仏の頭部(レプリカ)が
祀られてました