寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

屋島寺

■場所

香川県高松市屋島東町

■札所

四国八十八ヶ所霊場 第84番

■由緒

753年、鑑真が朝廷からの要請を受けて奈良・東大寺へ向かっていた際、屋島の沖で山頂から光が立ち上がるのを見たらしい。 そこで、屋島北嶺に立ち寄り普賢堂を建立したのが始まりらしい。 その後、鑑真の弟子で東大寺戒壇院の恵雲律師が堂塔を建立し、屋島寺と名付け初代住職となったらしい。 815年、嵯峨天皇の勅願を受けた弘法大師が屋島を訪れ、北嶺の伽藍を現在地の南嶺に移し、 十一面千手観音像を刻み本尊として安置したらしい。その後、山岳仏教の霊場としても栄えたらしい。 947~957年、明達律師がこの地を訪れ、四天王像を奉納したらしい。 鎌倉時代以降は衰退したが、江戸時代に高松藩主・生駒家・松平家代々に庇護されて再興したらしい。

■参拝日

2011年6月19日

■日記

5週連続で四国上陸ですっ!結願まで残り5ヶ寺! そう、本日は結願する為に四国にやってきましたっ!そう、今週も雨!5週のうち4週が雨! 今更ですが、この四国霊場は『徳島県→発心の道場』『高知県→修行の道場』『愛媛県→菩提の道場』『香川県→涅槃の道場』となっておりますが、 私にとっては香川県が修行の道場となっております!雨との戦い! そんな事より、源平合戦で有名な屋島に到着!霧モヤのドライブウェイを走ること数十分、屋島寺に到着!いい味出まくりの本堂に感動した次第です! それ以上に感動したのが、宝物館の仏像さん達でしたっ!国重文の千手観音さんがスゲーです!レベル高いです! あと鑑真が彫った薬師如来さんもスゲかったです! その他、宝物館には那須与一の子孫が寄進した源氏の白旗や、弁慶が勝利の餅をついたといわれる源平の勝臼や、徳川家康所持太刀などなど、 ヨダレが止まらないラインナップでした!何気にスゲー宝物館っ! あと境内には日本三大名狸の一つ、太三郎狸のデッカい石像があり、何気に見所満載のお寺でした! そんなこんなで、宝物館でガッツリ仏像観賞。天気こそ悪いが、最高の1日の始まりでした!

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像



84バーン!

■仁王門■


到着!

■仁王門■


仁王さん 吽形

■仁王門■


仁王さん 阿形

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■仁王門■


組物

■仁王門■


蟇股

■仁王門■


仁王門をくぐると

■四天門■


阿波藩主・蜂須賀家の寄進
門2連発です

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■四天門■


多聞天さん(多分)

■四天門■


増長天さん(多分)

■四天門■


広目天さん(これば自信ある!)

■四天門■


持国天さん(多分)
いい加減な事ばっか
言ってすみません

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■四天門■


四天門をくぐると

■手水舎■


■鐘楼■


梵鐘は1223年鋳造
国重文

■石仏■


日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■本堂■


『本尊☆十一面千手観音の真言』
おん ばさら たらま きりく

■本堂■


1618年建立 国重文

■本堂■


鎌倉時代の前身堂の部材を
用いているらしい

■本堂■


龍の彫刻

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■本堂■


木鼻

■本堂■


海老虹梁

■本堂■


手挟み

■本堂■


組物

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■本堂■


堂内

■本堂■


いい味出まくりの建物でした

■本堂■


それにしても霧がすごい

■大師堂■


南無大師遍照金剛

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■千体堂■


■三体堂■


鑑真和上を祀る

■護摩堂■


可愛い鬼瓦

■宝物館■


国重文の千手観音さんや
源平ゆかりの品などを拝観

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■蓑山大明神■


四国狸の総大将・太三郎狸
日本3大名狸の1つ

■蓑山大明神■


映画・平成狸合戦ぽんぽこ
に登場することでも知られる

■蓑山大明神■


張りのあるパイオツ

■蓑山大明神■


本堂から太三郎狸を望む

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■境内の風景■


広めの境内です

■東大門■


■屋島合戦の名シーン■


屋島は
源平合戦で有名な地
那須与一の扇の的の
話は特に有名

■源氏のスター紹介■


源平ファンには
たまらん地

日記の画像 日記の画像

■源平屋島古戦場■


ドライブウェイから望む

■顔ハメ■


髪型がジャニーズ