寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

一宮神社

■場所

福岡県北九州市八幡西区山寺町

■由緒

神武東征の際、神武天皇が1年間滞在した岡田宮の元宮らしい。 1950年、この地方の氏神である王子神社、大歳神社、諏訪神社の3社を王子神社の境内地に合祀し、社名を一宮神社としたのが始まりらしい。
●王子神社
この地は神武東征の際、神武天皇が1年間滞在した地らしい。 境内にある磐境は、神武天皇が自ら祭祀を行った古代祭場跡で、考古学的にとても貴重な遺跡らしい。
●大歳神社
901年に編纂された日本三代実録に記載されている古社らしい。
●諏訪神社
戦国時代、花尾城主・麻生氏が信州・諏訪神社の分霊を勧請した神社らしい。

■参拝日

2019年4月2日

■日記

厳選なるアミダクジの結果、今回の旅が北九州に決まった瞬間、真っ先に思い浮かんだのがこの一宮神社。 そんなこんなで、本日のメインイベンツであります一宮神社に到着!神武東征の際、神武天皇が1年間滞在した岡田宮。 その岡田宮の元宮といわれるのがこの一宮神社(王子宮)という。 それだけでじゅうぶん古代浪漫ギンギンで興奮汁が溢れ出ちゃうのですが、 なんとこの神社には神武天皇が自ら祭祀を行った古代祭場が現存してるというじゃない!もう興奮汁で溺死ですよ。 円形に積まれた石積みと、方形に積まれた石積みが何とも言えない古代神秘。ある意味、古代アート。 今までに見た事のないタイプの磐境だったのでつくづく来てよかったと思えた神社でした。

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■鳥居①■


到着!
1969年建立
扁額には一宮神社

■参道■


王子神社、大歳神社、諏訪神社
の3社を王子神社の境内地に
合祀した神社

■鳥居②■


1844年建立
扁額には王子宮

■鳥居③■


1900年建立
扁額には王子神社

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■手水舎■


■手水舎と拝殿■


小高い丘の上に
鎮座してます

■狛犬①■


1941年作
狛犬に付着した
オレンジ色は樹木の花粉

■狛犬②■


めちゃくちゃ
大口を開けてます

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■拝殿■


●元・王子神社の
天忍穂耳命、神武天皇

●元・大歳神社の
大歳神、事代主命

■拝殿■


●元・諏訪神社の
建御名方神、仲哀天皇
神功皇后、応神天皇を祀る

■拝殿■


ピカッ!

■本殿■


流造

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■神籬磐境■


神武天皇が1年間滞在した際
神武天皇自らが祭祀を行った
古代祭場跡がありました!
なんと完全に違い形で
現存してるという!

■神籬磐境■


そんなこんなで考古学的に
非常に貴重な遺跡らしい
ドッキドキが止まんない

■神籬磐境■


ちなみに神籬(ひもろぎ)とは
祭祀を行う際
神様が降臨する為の憑依物
(石や木や御幣など)の周囲に
常磐木を植え、玉垣を結んで
注連縄を回した場所のことらしい

■神籬磐境■


いやはや久々に
標高の高いビッグな鳥肌が
立ちました
これが見れただけで
この旅は満足じゃ!

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■蛭子神社■


境内社です

■疫神社■


境内社です

■道祖神(多分)■


多分、真ん中の2つは
道祖神だと思います
左の祠の中には
石仏さんがおられました

■絵馬■