寺社とご朱印の紹介サイト

ロゴ

火男火売神社(下宮)

■場所

大分県別府市火売

■由緒

771年に創祀された神社らしい。 鶴見岳山頂の上宮、中腹の中宮、山麓の下宮という3宮から成る神社らしい。 867年、鶴見岳が噴火した際、朝廷の命で大般若経が読まれたらしい。 そして噴火を鎮めた効により従五位上が授けられたらしい。 伊予国風土記に、大国主命が火男火売神社の御神体である鶴見山麓から湧く速見の湯を、海底に管を通して道後温泉へと導き、 少彦名命の病を癒したと記載されているらしい。 1276年、一遍上人が諸国念仏行脚の途中この地に立ち寄り、鶴見権現の導きにより鉄輪温泉の石風呂(蒸し湯)を開いたらしい。 そんなこんなで、別府八湯の守り神として信仰を集めているらしい。 1573~1593年、大友宗麟によって社殿や古文書などが焼失したらしい。 1664年、久留島道清が下宮を再建したらしい。

■参拝日

2019年4月28日

■日記

本日は別府地獄めぐりだけで1日を終わらす予定でしたが、5つ目の地獄を巡った辺りから急に飽きてきました!(笑) ぶっ続けで7個の地獄を巡るのは、メンタル的に結構な地獄です。もしかして地獄めぐりってそういう意味での地獄なのか?w そんなこんなで、ちょうど残り2つの地獄が車で10分ほど離れた場所にあるとの事なので、 車移動がてら気分転換がてら火男火売神社に立ち寄ってみました! どうやら別府八湯の守り神で、イザナギ&イザナミ夫婦と息子のカグツチさんを祀る神社のようです。 ご存知、カグツチさんは母・イザナミさんのマンピーに火傷を負わせて死に至らせたお方。 その後カグツチは、怒った父・イザナギさんに殺されちゃいます。そんなグッチャグチャな三角関係が祀られてるというね。 カグツチさんの温度がもっと低かったらお母ちゃんは死ぬことなく、親子揃って温泉に浸かれたのにね。とか思いつつ境内を散策。 由緒書きを読んでると、大国主さんが御神体の鶴見山麓に湧いてる湯を海底に管を通して道後温泉へ送ったと書いてある! やっぱ面白いよ神話。壮大過ぎて!んでもって少彦名さんの病を癒したんだと。大国主さんの愛を感じます。ほんと、この2方は名コンビ。 いやはや、神話で楽しめる神社でした。そんなこんなで、そろそろ地獄へ戻りますか! ちなみに火男火売神社と書いて『ほのおほのめ神社』と読むらしい。

■ご朱印■

ご朱印

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■鳥居①■


到着!
式内社です

■鳥居①■


扁額には火男火売神社
ちなみに火男火売神社と書いて
『ほのおほのめ神社』と読みます

■狛犬①■


2012年作

■狛犬②■


とても若い狛犬です

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■参道■


参道を抜けると

■鳥居②■


1860年建立

■鳥居②■


扁額には火男神と火賣神
火男神と火賣神は
鶴見岳の男嶽、女嶽の2峰を
神格化した神様とのこと

■手水舎■


日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■狛犬③■


1959年作

■狛犬④■


口の中で玉が動くタイプの
狛犬でした

■狛犬④■


そんなこんなで

■狛犬④■


ゴローン

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■拝殿■


伊弉諾命、伊弉册命
火之加具土神を祀る

■拝殿■


火男火売神社には
上宮、中宮、下宮があるらしい
どうやらここは下宮のようです

■拝殿■


蟇股

■本殿■


1881年再建 流造

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■天神宮■


菅原道真を祀る

■金刀比羅社■


大物主神を祀る

■境内社①■


社殿向かって左の社
どなたが祀られてるのでしょ?

■境内社②■


社殿向かって右の社
どなたが祀られてるのでしょ?

日記の画像 日記の画像 日記の画像

■イチイガシ林■


県指定天然記念物

■神馬■


スライドショーで爆笑した
タイ軸の馬に似過ぎてた為
笑いをこらえるのに必死でした

■タイ軸■


ちなみに
こちらがタイ軸の馬
って、どうでもいいってか
この話し

ひと足のばして 別府地獄めぐり
日記の画像

■別府地獄めぐり■


別府地獄めぐりとは、地獄組合に加入している7つの地獄を巡ること
~①海地獄~②鬼石坊主地獄~③かまど地獄~④鬼山地獄~⑤白池地獄~⑥血の池地獄~⑦龍巻地獄~

海地獄
日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■海地獄■


海地獄に到着!
これは私なりの地獄ポーズです

■海地獄■


難しい事はよくわからんですが
硫酸鉄が溶解されて
この色が出来上がるらしいです
地球ってスゲーと思いました

■海地獄■


嘘みたいなコバルトブルー
湯の温度はなんと98℃
カップ麺いける!
ちなみに
国の名勝に指定されてます

■海地獄■


青鬼と記念撮影

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■温泉ゆでたまご■


地獄の熱湯で
ゆでたまごを作っちゃってます

■温泉ゆでたまご■


そんなこんなで地獄を見ながら
温泉ゆでたまごと
地獄蒸し焼きプリンをパクパク
地獄というより極楽

■極楽饅頭■


海地獄の名物・極楽饅頭
温泉熱で蒸して作った
饅頭なんだと

■極楽饅頭■


結構な量です
一気に喰うとキツい・・・
これは極楽というより地獄
※バラ売りはしてません

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■赤池■


赤い地獄もありました
赤潮か!?!?

■足湯■


極楽極楽・・・
・・・と言いたいとこですが
熱湯っっっっっ!!!
5秒が限界!まさに地獄!

■足湯■


おい押すなよ!絶対、押すなよ!
熱湯コマーシャル状態!
みんな足を上げてました(笑)

■スタンプラリー■


1つ目をゲット!

鬼石坊主地獄
日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■鬼石坊主地獄■


鬼石坊主地獄に到着!
って事で、地獄ポーズ!

■鬼石坊主地獄■


沸騰する熱泥が
坊主頭に似ている事から
鬼石坊主地獄と呼ばれてます
湯の温度は99℃
先程の海地獄よりも高い!

■鬼石坊主地獄■


ボッコボッコと湧き出る
泥の泡が地獄感あります

■鬼の高鼾(いびき)■


昔々
寒さに震え上がった鬼達が
この石の布団にくるまって
高鼾のうたた寝をしたんだと
噴出温度はなんと100℃!!!
鬼ってスゲーと思いました

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■足湯■


そんなこんなで、ひと休み

■足湯■


先程の海地獄の足湯と違って
完璧な湯加減
これは極楽極楽

■鬼石坊主地獄■


坊主ちゃんと記念撮影

■スタンプラリー■


2つ目をゲット!

かまど地獄
日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■かまど地獄■


かまど地獄に到着!
って事で、地獄ポーズ!

■かまど地獄■


古来より
竃門八幡宮の大祭で神前に供える
御飯を炊いていた事から
かまど地獄と呼ばれるようになる

■かまど地獄■


かまど地獄は
1丁目~6丁目まであります

■かまど地獄■


かまど地獄は地獄めぐりの中で
1番バラエティーに富んだ
地獄&極楽がありました

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■かまど地獄■


なかでも
1番スゴかったのはコレ!
煙草の煙に息を吹きかけると
湯気がブワァァァっと
雲のようになるという!

■かまど地獄■


えぇぇぇぇぇ!ってなります
何で?何で?ってなります
マジ、意味わかりません!
どうやら煙草の煙の粒子に
水蒸気がくっついて
雲のようになるんだと!

■かまど地獄■


ビフォー
こんな感じの湯気からの

■かまど地獄■


アフター
煙草の煙に息を吹きかけると
ブワァァァっ!!!!!
でんじろうかよ!

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■岩盤浴■


極楽1丁目の岩盤浴
靴下のまま
足裏の岩盤浴ができます
極楽極楽

■飲む温泉■


極楽2丁目は飲む温泉
湯の温度はなんと80℃

■飲む温泉■


猫舌の私にとっては地獄!

■手・足の湯■


極楽3丁目は手・足の湯
手をかざして
蒸気浴を楽しみます
極楽極楽

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■のどの湯■


極楽4丁目はのどの湯
口を開けて
ノドに蒸気を当てます

■のどの湯■


ブォォォォォォ
極楽極楽

■足湯■


そんなこんなで、ひと休み

■足湯■


完璧な湯加減で極楽極楽
かまど地獄は
スパ要素が強い地獄ですなぁ

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■温泉ピータン■


温泉ピータンを食す

■温泉ピータン■


美味かったです
ってか
今日6個目のたまごなんだが
健康的にどうなのか?

■顔ハメ■


ご満悦

■スタンプラリー■


3つ目をゲット!

鬼山地獄
日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■鬼山地獄■


鬼山地獄に到着!
って事で、地獄ポーズ!

■鬼山地獄■


湯の温度は99.1℃

■鬼山地獄■


ってか、ここの地獄は
湯よりもワニがメイン!
って事で、別名・ワニ地獄と
呼ばれてます

■鬼山地獄■


1923年に日本で初めて
温泉熱を利用して
ワニ飼育を開始
現在70頭のワニを飼育

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■初代イチロウ■


1996年に73歳で没
ちなみに
漫画家の富永一朗さんが命名
なんと世界一大きいワニ
だったんだと!

■鬼山地獄■


赤ちゃんワニに触る事が
できました

■鬼山地獄■


落ちたらひとたまりもない
ある意味
ここが1番地獄感あるなぁ

■スタンプラリー■


そんなこんなで
4つ目をゲット!

白池地獄
日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■白池地獄■


白池地獄に到着!
って事で、地獄ポーズ!

■白池地獄■


噴出時は透明だが
外気に触れ温度が下がると
白濁するという
もう難しすぎて意味がわかんない

■白池地獄■


湯の温度は95℃
国の名勝に指定されてます

■白池地獄■


ピラニアや巨大魚など
アマゾンに生息する熱帯魚が
飼育されてました

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■一遍上人像■


ってか、一遍上人像が!
どうやら一遍上人は
鉄輪温泉の開祖なんだと!

■国東塔■


んでもって、国東塔が!
南北朝時代建立
国東半島一帯に点在する石塔

■向原石幢■


さらに向原石幢が!
1560年建立

■向原石幢■


白池地獄は地獄めぐりの中で
1番地獄感のない地獄でした

血の池地獄
日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■血の池地獄■


血の池地獄に到着!
って事で、地獄ポーズ!

■血の池地獄■


日本で1番古い天然の地獄で
豊後国風土記や万葉集に
記載されてる地獄なんだと

■血の池地獄■


赤の正体は酸化鉄や
酸化マグネシウム
湯の温度は78℃
国の名勝に指定されてます

■爆発ヶ所■


1927年に高さ220mに達する
大爆発を起こしたんだと!
マジの地獄ですやん!

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■足湯■


そんなこんなで、ひと休み

■足湯■


完璧な湯加減で極楽極楽
結局、別府地獄めぐりでは
4つの足湯がありました

■血の池地獄■


赤鬼と記念撮影

■血の池地獄■


黄鬼と記念撮影

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■血の池軟膏■


血の池地獄から湧き出る
粘土から作られた軟膏
皮膚病に効くらしい

■顔ハメ■


ハメ心地GOOD!

■自販機■


♪鬼のパンツはいいパンツ♪
♪くさいぞーくさいぞー♪

■スタプラリー■


5つ目をゲット!
・・・
・・・・・・って、あれ?
あああああああああああ
あああああああああああ
先程の白池地獄のスタンプを
押し忘れてるぅぅぅぅ!!!
時すでにお寿司・・・
いや遅し。。。

龍巻地獄
日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■龍巻地獄■


龍巻地獄に到着!
って事で、地獄ポーズ!

■龍巻地獄■


30~40分間隔で噴出する
間欠泉です
国の名勝に指定されてます

■龍巻地獄■


屋根で止められてるけど
屋根がなかったら
約30mの高さまで
噴き上がるんだと

■龍巻地獄■


湯の温度は地下熱水150℃
噴出し時は105℃

日記の画像

■龍巻地獄■


こんな感じで客席があるのでゆったりと龍巻というかストレートな噴き上げを観賞する事ができます

日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■ジャンケン大会■


噴き上げるまで30~40分の
待ち時間があるので
鬼とジャンケンをしたりして
ヒマを潰します

■ジャンケン大会■


鬼に勝ったら
オリジナル手ぬぐいを
頂けるという事なので
本気をみせる

■ジャンケン大会■


瞬殺!

■スタンプラリー■


6つ目をゲット!
白池地獄の押し忘れが
悔やまれる・・・
相変わらず詰めが甘い

地獄めぐり通り&みゆき通り
日記の画像 日記の画像 日記の画像 日記の画像

■地獄めぐり通り■


地獄めぐり通りを抜けて
みゆき通りへ

■みゆき通り■


鉄輪温泉のメイン通りです
お土産屋さんやスイーツ屋さん
などが建ち並んでました

■みゆき通り■


五衛門 めぐりという店で
ひと休み
美味しかったです

■めちゃラブ鬼■


めちゃラブ鬼という
可愛いお人形を購入

別府冷麺
日記の画像 日記の画像

■別府冷麺■


1950年、満州から
引きあげてきた料理人が
冷麺店を開業したのが
別府冷麺の始まりらしい
別府冷麺を提供するお店は
別府市内で60~70店あるらしい

■別府冷麺■


かなり弾力のある麺と
和風だしが特徴
一滴残らず飲み干せる汁が
マジでウーーーマでした!